スマホブラウザ『Smooz』、AIによるジェスチャー認識改善、Siriによるウェブページ呼び出しに対応

iOS12の新機能「Core ML 2」「Siriショートカット」をいち早く活用

アスツール株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:加藤雄一)は、本日より、次世代スマホブラウザ『Smooz(スムーズ)』のiOS 日本語版向けの新バージョン (ver 1.48)の配信を開始いたしました 。本バージョンでは、iOS12の新機能「Core ML 2」、「Siriショートカット」を活用し、ジェスチャー認識の改善やウェブページ呼び出しに対応いたしました。

Core ML 2によるジェスチャー認識の改善

Smoozが従来から搭載する「ジェスチャー認識」は、画面上で軌跡を描くことによって任意の機能を素早く実行できる、ユーザーのみなさまから特に人気の高い機能です。

本バージョンでは、iOS12で新たに提供された機械学習フレームワーク「Core ML 2」により多くのジェスチャーの軌跡データを学習させることによって、ジェスチャー認識の精度を約20%改善いたしました。(*)

また、本機能改善により細かい指の動きを認識できるようになったため、従来の5種類のジェスチャーに加えて、新ジェスチャー5種を開発、「プレミアムジェスチャー」として提供開始します。新ジェスチャーはSmoozのプレミアムサービス(月額380円)に登録すると利用することができます。

*弊社で200回のジェスチャーを実施した結果

Siriで任意のページを開く

Smoozでは、よく開くウェブページを検索画面からワンタッチで開くことができる「クイックアクセス」機能を従来より搭載しております。

今回のバージョンでは、iOSの新機能「Siriショートカット」を用いて、Siriによる音声呼び出してクイックアクセスを開くことが可能になりました。これにより、例えば「Appleのサイトを開いて」とSiriにお願いすると、SmoozでAppleのページが開く、といったことができるようになります。

クイックアクセスの新規登録時に、Siriへの登録を有効化し、ご自分の音声を記録することでSiriショートカットへの登録が完了します。

Smoozは今後もモバイルブラウジングにおけるすべての「面倒」を解決することで、よりなめらかなブラウジング体験を提供してまいります。

  • アプリ概要

アプリ名:Smooz (スムーズ)

Smoozは、 片手でサクサク調べ物ができる、 スマホ専用ブラウザアプリです。 その革新的なユーザー体験によって、 2016年9月26日のリリース翌週にはApp Storeでトップフィーチャーされ、 年末にはリリースから3ヶ月でAppleが選ぶApp Storeの2016年ベストアプリに選出されました。

価格:無料

対応OS:iOS、Android

対応言語:日本語、英語、中国語

AppStore: https://itunes.apple.com/app/smooz/id1151364449?ls=1&mt=8

Google Play :https://play.google.com/store/apps/details?id=com.astool.android.smooz_app.free

公式ページ: http://smoozapp.com/

公式Twitter:  https://twitter.com/smoozjapan

公式Facebook:  https://facebook.com/smoozapp/

■本件に関するお問い合わせ

アスツール株式会社 加藤雄一

Eメール: info@smoozapp.com 

■アスツール株式会社について

アスツール株式会社は「人間の能力を拡張する未来の道具を創る」をミッションに2016年3月30日に設立されました。ファンコミュニケーションズ、Skyland Ventures、個人投資家より累計1億円を資金調達しています。

代表者の加藤は、 ソニー、 楽天で一貫してスマホ関連プロダクトの企画・立ち上げに携わり、 個人開発者としてリリースしたアプリ”TennisCore”はApple Watch Best of 2015を受賞。 日本で最もプロダクト・ドリブンで、 エンジニアが楽しめる会社を目指しています。

■プレスキット

画像、ロゴは下記リンクからダウンロードいただけます。

https://www.dropbox.com/sh/qkj1lmgfnwnxske/AABpaiWAqSKVA1Xu6Uv5iQj_a?dl=0

■PR Timesでのプレスリリース

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000016.000021601.html