スマホブラウザ『Smooz』がVPNによる安全なブラウジングに対応!

アスツール株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:加藤雄一)は、次世代スマホブラウザ『Smooz(スムーズ)』のiOS版向けの新バージョン(ver 1.75)の配信を本日より開始いたしました(​*1​)。本バージョンより、VPN(ヴァーチャル・プライベート・ネットワーク)に対応しました。

*1 Android版は今後順次展開予定。

開発背景: ブラウジングにおけるプライバシー保護への関心の高まり

企業による個人情報の取得・利用方法に関する問題や、情報漏洩などの事件、欧州におけるGDPR(*​2​)の施行などの影響により、オンライン上での個人情報の取扱・保護への関心が高まっています。

Smoozはこれまでもプライベートモード(​*3​)の搭載、Face ID / Touch IDによる起動 ロック(​*4​)などの機能を提供してまいりましたが、今回新たにVPN機能を追加することにより、プライバシー保護をさらに強化していくこととしました。

*2 EU一般データ保護規則: EUにおける個人データ保護に関する法律 2018年5月施行
*3 検索・閲覧履歴やログイン情報なども保存をせずにブラウジングするためのモード
*4 iOSの指紋認証機能や顔認証機能を活用して、本人以外がアプリを起動できないにようにする機能

VPNとは

VPNはVirtual Private Networkの略で、日本語では「仮想専用線」と呼ばれています。インターネット上に仮想の専用線を設け、安全なルートを確保した上で情報をやり取りすることにより、盗み見や改ざんなどの脅威から大切な情報を守ることができます。

最近、外出時や出張時に公衆Wi-Fiを利用するユーザーが増えていますが、公衆Wi-Fiは通信が暗号化がされていないものもあり、通信内容が盗み見られるなどのリスクもあります。VPNにより​デバイスとアクセスポイントの通信内容を暗号化​することで、より安心してインターネットを利用することができるようになります。

Smoozで提供するVPN機能

Smoozのメインメニューから「VPN」をタップするだけでVPN接続が開始され、Smooz内で行われる通信がVPNで保護されます。また、VPNサーバーの国を選択することも可能です。現時点では、日本・アメリカ・イギリス・香港・台湾の5カ国でサーバーを用意しており、今後さらに拡充予定です。


全てのSmoozユーザーは毎月500MBまで無料でVPN通信をすることが可能です。これにより、毎月約7回分程度、公衆WiFiを使うユーザーでも、無料通信の範囲内でVPNを利用することが可能となる想定です。


また、Smoozのプレミアムプラン(月額380円)に加入すると、容量無制限でVPN通信が可能になるのに加え、Smoozアプリ上の通信だけでなく端末上で行われる全てのインターネット経由の通信がVPNで保護されるようになります。

一般ユーザー向けVPNサービスはおおむね月額10USドル(約1,120円)程度で提供されていますが(​*5​)、Smoozのプレミアムプランは月額380円でVPNサービスだけでなく、広告ブロックや、2画面機能などの機能もパッケージとして提供しており、価格面でも非常に競争力の高いものとなっています。

VPN機能概要

無料ユーザー プレミアムプラン加入ユーザー
VPNの対象となる通信アプリ内の通信のみアプリ外も含め端末上で行われる全ての通信
VPN通信容量制限500MB/月無制限
対応国5カ国(日・米・英・香港・台湾)5カ国(日・米・英・香港・台湾)

VPN機能の利用方法

*5 CNETのThe Best VPN Services for 2019( ​https://www.cnet.com/best-vpn-services-directory/)の トップ10のサービスの価格を参照

Smooz 90万ダウンロードを突破!

Smoozは2016年9月のリリース以来、コアなファンによる口コミを中心にユーザーを増やしてまいりました。検索をより効率的に行いたいという従来からのユーザー層に加えて、アップデートによる機能強化により、ブラウザに強力なカスタマイズ性を求めるブラウザゲームのユーザーが2018年前半より急増し、2019年4月時点で90万ダウンロードを突破しました。

Smoozは今後もモバイルブラウジングにおけるすべての「面倒」を解決し、よりなめらかなブラウジング体験を提供してまいります。​

アプリ概要

アプリ名:Smooz (スムーズ)

Smoozは、片手でサクサク調べ物ができる、スマホ専用ブラウザアプリです。その革新的なユーザー体験によって、2016年9月26日のリリース翌週にはAppStoreでトップフィーチャーされ、リースから3ヶ月でAppleが選ぶApp Storeの2016年ベストアプリに選出され、2019年4月時点で90万ダウンロードを突破いたしました。

価格:無料

対応OS: iOS、Android

対応言語:日本語、英語、中国語

AppStore: ​https://itunes.apple.com/app/smooz/id1151364449?ls=1&mt=8 Google Play : https://play.google.com/store/apps/details?id=com.astool.android.smooz_app.free

公式ページ: ​http://smoozapp.com/
公式Twitter: ​https://twitter.com/smoozjapan
公式Facebook: ​https://facebook.com/smoozapp/

■本件に関するお問い合わせ

info@smoozapp.com

■アスツール株式会社について

アスツール株式会社は「人間の能力を拡張する未来の道具を創る」をミッションに2016年3月30日に設立されました。ファンコミュニケーションズ、Skyland Ventures、個人投資家より累計1億円を資金調達しています。

代表者の加藤は、ソニー、楽天で一貫してスマホ関連プロダクトの企画・立ち上げに携わり、個人開発者としてリリースしたアプリ”TennisCore”はApple Watch Best of 2015を受賞。 日本で最もプロダクト・ドリブンで、エンジニアが楽しめる会社を目指しています。

世界初!Smoozが2画面対応、複数サイトの同時閲覧が可能に

Smooz iOS版の新バージョン(ver1.52)より、モバイルブラウザとして世界で初めて(*)分割・子画面機能を搭載し、2画面表示に対応、複数のサイトを同時に閲覧することができるようになりました!

●2画面機能について

横スワイプのワンアクションでタブを切り替えられる、というSmoozの特長から、「ゲームをプレーしながらSNS」「動画を観ながらWikipediaで調べ物」といったような、複数サイトを平行して閲覧する使い方を多くのSmoozユーザーさんが行っています。

このようにSmoozが使われる中で、タブの切り替えをすることなしに「複数サイトを同時に見たい」という要望が数多く寄せられるようになりました。開発チームでは、スマホの画面が近年さらに大画面化している市場状況を鑑み、技術及びユーザビリティからの検討を十分に行ったうえで、今回の2画面機能のリリースに至りました。

Smoozにウェブページを表示した状態で、「メニュー」→「2画面」と選択してください。画面を上下に分割して表示する「分割画面モード」と、画面の片隅に小さくウェブページを表示しておく「子画面モード」を選択することができます。前者は、ゲームをプレーしながらSNS、後者は動画を観ながら調べ物といった使い方を想定していますが、開発チームでは思いつかないような全く新しいウェブの楽しみ方をユーザーさんひとりひとりが発見してくれることを期待しています!

2画面機能概要の動画

●60万ダウンロードを突破!

Smoozはリリース以来、コアなファンによる口コミを中心に着実にユーザーを増やしてまいりました。検索をより効率的に行いたいという従来からのユーザー層に加えて、ブラウザに強力なカスタマイズ性を求めるグランブルーファンタジー、アイドルマスター シャイニーカラーズといったブラウザゲームのユーザーが急増しています。その結果、2018年9月末時点で60万ダウンロードを突破しました。

Smoozは今後もモバイルブラウジングにおけるすべての「面倒」を解決することで、よりなめらかなブラウジング体験を提供してまいります。